サービス一覧

老眼治療のモノビジョンレーシックにおいて、片眼の視力低下などによって見えづらくなる可能性があり、2回目の手術が必要になることもあるようです。
片方の眼は近くを見やすくするため、遠くの見え方が下がってしまう可能性があります。
夜間の車の運転、細かい作業など、視力への負担が大きい仕事、作業をする人にはむいていないようです。
また、老眼治療のモノビジョンレーシックの手術法は、視力矯正手術とほぼ同様になります。
レーシックとは、エキシマレーザーと呼ばれる機械で眼の角膜の形状を変え、視力を矯正する手術になります。
ただ近視をレーシックで矯正する場合は、基本的に同時に両眼とも遠くが見えるようにレーザーによって角膜を削ります。