サービス一覧

老眼治療のモノビジョンレーシックの場合は、片方は、遠くが見えるように、片方は近くが見えるように矯正していくため、同時に矯正するか、片方ずつ矯正するかは術前検査の結果によってケースバーケースといえるでしょう。
老眼治療には、アキュフォーカスというのがあります。
アキュフォーカスとは、片方の眼の角膜にカメラインレーと呼ばれるリング上のものを挿入することによって、遠くの見え方をあまり下げることなく、近くの見え方を改善する、老眼の人を対象とした手術、治療法になります。
カメラインレーは、コンタクトレンズよりも小さいもので、白内障手術にも使用されている素材で出来ているようです。
アキュフォーカスを行うことによって老眼が治るわけではないです。